一般英文メール添削のお願い

レアで生きていたあの人とウェルダンな四人か?
 
「いいんですか?そんなに答えてもらって」
 
「我は魔族に属するものでは無いのでな。構わんよ。ちょっとした意趣返しだ。言ったろう?気に食わない性格をしておるのよ、あの女は」
 
「ありがとうございます。ではそちらもどうぞ?」
 
「いや、我は二つ同時に聞きたいことがある。先に問うて欲しい」
 
意外と律儀な奴だねー。生前はかったい学者さんとかだろうか。<a href="http://www.shoessillustrat.com/casualな靴-906yk-7.html" title="puma スニーカー 新作">puma スニーカー 新作</a>
 
「うーん、といっても僕から貴方に後聞きたいことと言えばグラントを求める理由くらいですよ?あとはお願いが一つあるだけで」
 
答える気無さそうなんだが。
 
「む、それは……答えかねる。すまない。ではお願い、とは?」
 
ほらね。ま、これは僕の個人的な興味というか野次馬的なものですから。それにしても、いつ殺されてもおかしくないような状況でも答えかねる、とか言うんだな。
 
「貴方は魔法に造詣が深いとお見受けします。対価はお支払いするのでそのお持ちの魔法書を何冊か譲って欲しいんですよ」
 
そういうことだ。
 
いい加減エマさんからもらった詠唱と術のリストで勉強するのも限界を感じてるんだよね。出来れば他の知識にも触れてみたい。
 
リッチの使っていた言語は聞いたことないものだったし、きっと沢山本を持ってると思うんだ。基本的な物でもいいから何冊か欲しい。
 
「……。それは嫌味かね?」
 
「え?」
 
「マコト殿はアレだけ異常な効率で魔法を組上げた。我が編んだ詠唱より遥かに効率が良く短い言葉で。それを使いこなしておいて我の術や知識の何を知りたいというのだ」
 
うお。結構不機嫌になった。少し赤い光の瞳が揺らぎの少ない、何と言うか目が据わっている感じになっております。
 
いやいやいや。そんな気は全く無いよ?新しい教科書欲しいだけなんよ?
 
巴が何が堪え切れなかったのか、ぶふっとか噴き出してるし。何笑ってるか!
 
澪までも何がおかしいのか肩を震わせている。
 
「い、いえ。純粋に学びたいだけです。僕の魔法の教科書は紙一枚なんで」
 
「……は?」<a href="http://www.shoessillegal.com" title="puma 靴">puma 靴</a>
 
「ですから。僕の魔法の教科書に当たるのは紙一枚しか無いんで!新しく書物が欲しいだけなんですけど」
 
「……では何かね。その紙に私に放ったあの術の詠唱が書かれていたのかね。禁術書の紙片を持っているとでも?」
 
「いや、さらさらーっと書いてもらった物なんで、そこまで大層な物では。よければ同じものあげますよ。そうだ、書と交換で如何です?」
 
エマさんにもう一枚書いてもらうだけだし超お得じゃん?
 
「別に其方が良いならその交渉は受けよう。明らかに私が得になってしまうと思うがね」
 
おおお成立した。
 
「では我から聞きたい質問だ。一つはマコト殿が半ばまで答えてくれたが改めて聞きたい。我を破ったあの術はなんだ?一体、我は何をされて魔力を食われた?」
 
ああ、頭の良い人にはわからんのですよ、のアレか。
 
「あれは闇の特性そのままの術です。対象を初めは術の人魂に、次にリッチ、貴方を指定しただけですよ」
 
「???言っている意味がわからないが」
 
「闇属性の特徴は先ほど貴方も自分で言ってたじゃないですか」
 
「吸収、違う。我が言った?魔力を食う、あのことか?」
 
「ええ、そうです。それが答え」
 
「だが発動した術を魔力をもって消滅させるのは無意味だろう。過程で術者は同程度の術をぶつけて四散させるほうが遥かにマシな魔力を消耗することになる。それに存在が本来纏う魔力など、闇だけで削ろうとすれば更に効率は落ちるはずだ」
 
「そうですね」
 
「少なく見積もっても十倍から
<a href="http://www.shoessillustrat.com/suede-906yk-8.html" title="http://www.shoessillustrat.com">http://www.shoessillustrat.com</a>

Yorum Yaz