「時の人」滝クリにオファー殺到

りもレベルが違う女生徒に倒せるとは思えない。
 女は念話にせず、心の中で呟いた。
 少なくともヒューマンには、と。
 既に直接向かう必要は無い筈の学園都市に、彼女の興味が向いた。
 
(わかりました、イルム様の無念、よくわかりました。もう少し体を慣らされてからと思っていたのですが、次の薬を処方しましょう)<a href="http://www.watchsvinn.com/女性の時計-lqkmd-8.html" title="時計 人気">時計 人気</a>
 
(!? 次の薬だと!? そんな物があるなら最初からそれを出せ!)
 
(申し訳ありません。何分、こちらの薬には軽い副作用がございます。感情を自制出来ない方には危険を伴いますし、何より体にも……)
 
(構わん! 感情など自制できている! 俺を馬鹿にしているのか貴様は!)
 
(申し訳ございません、出過ぎた事を申しました。お許し下さいイルム様。では、いつもの者にすぐに届けさせます。それから、魔法抵抗を高める首飾りがあるのですがこちらは私共からの贈り物です。一緒にお送りしますのでお使い下さい。嵩張るものでもございませんので、邪魔にはならないかと存じます)
 
(ふん! その程度の貢ぎ物で出し惜しみした事を償えると思うなよ!)
 
(勿論です。今後も一層の協力を惜しみませんので、どうかご容赦下さいませ)
 
(その言葉、忘れるな!!)
 
 イルムガンドが一方的に念話を切断する。
 薄暗い室内にいた女は、その失礼な態度に溜息でも漏らすかと思えば静かに口元を歪めて笑みを浮かべた。
 
「ふふふ、随分と良い風が吹いてきているみたい。感情の自制は出来る、か。笑わせるお坊ちゃんねえ。ホープレイズはこれで崩れた。リミアは動かざるを得なくなるでしょう。だけど……ライドウ? だったかしら。いき過ぎも困るし一度どんな輩か確認しておこうかしら」
 
 青い肌、角の無い顔。
 ただ一人部屋に佇む女、魔王軍魔将ロナは思案げに手を口元に添えた。
 彼女がカレン=フォルスと偽って学園にやってくる少し前の話だ。
 
 タイミング。<a href="http://www.watchsvinner.com" title="seiko 5">seiko 5</a>
 時機を見誤ってはいけない。
 これは作戦の最後の詰めだ。
 念入りに仕込んだ仕掛けの最終段階。
 
「ここまでは本当に面白い位に上手くコトが進んでいる。リミアはともかく、グリトニアからどの程度の高官を引っ張れるかが問題だったけど、リリ皇女が釣れるとは思わなかった。しかも皇女がリミア王を釣ってくれるし。笑いが止まらないわね」
 
 一つだけ懸念はある。
 クズノハ商会、ライドウ。
 中立だと口にしたが、彼もヒューマンだ。不安材料ではある。
 恩は売りたいが作戦に支障が出ても困る。
 少なくともラルヴァがいるならこの件でライドウの身に危険は及ぶまい。
 あのリッチがどこまで忠義を尽くすかにもよるが、ライドウ自身相当な戦闘力を持っている。
 最悪、彼が事態の鎮圧に動く事も考えられる。
 それでも、混乱した状況でのヒューマンの情報伝達能力を考えると問題は無い。
 そう、今回は彼への通知の方が魔族としてのデメリットが大きい。
 
「ライドウ、魔王様への謁見を了承したんだからそれなりに私たちに興味はあるんでしょう? それなら今回は大人しく見逃しなさいよ……」
 
 誰かに祈るような響きだと我ながら呆れる。
 祈る神など私たちにはいないのに。
 
「ロナ!」
 
 今回の作戦の相方、同じく魔将である巨人イオの大声が響く。
 さあ、結実の時だ。
 勇者の最後を見届けよう。
 魔王様にかの者の死を、我らの勝利を伝えよう。
************************************************
短いですが投稿です。
ご意見ご感想お待ちしています。団体戦、決勝
 
 
 気が重い。
 もうじき僕はこ
<a href="http://www.watchsvinn.com/seiko-lqkmd-9.html" title="http://www.watchsvinn.com">http://www.watchsvinn.com</a>

Yorum Yaz
Arkadaşların Burada !
Arkadaşların Burada !